チャップアップ

【買うだけムダかも…】チャップアップが効かない人はこんな人!要注意!

ネットでチャップアップの口コミを見ていると「効かなかった」というネガティブな内容のものをよく見かけます。育毛剤の効果には個人差があるとはいえ、気になる口コミです。

チャップアップは、そんなにダメな育毛剤なのでしょうか。また、もしチャップアップが効かない薄毛があるとしたら、どのようなものなのでしょうか。

チャップアップの成分に効果は期待できる?

チャップアップに含まれている成分のうち、特筆すべきは育毛剤のM-034と、サプリメントのノコギリヤシです。いずれも、医薬品に似た効果が期待できるためです。

髪の毛の成長力アップが狙いのM-034

チャップアップ育毛剤に配合されているM-034は海藻由来の成分で、髪の毛の成長力アップを目的として開発されました。

医療機関で髪の毛の成長力アップを目的として処方されているのは、ミノキシジル外用薬です。医療機関によっては、内服型のミノキシジルタブレットが処方されることもあります。

ミノキシジルには、頭皮の湿疹やかぶれなどの副作用があります。ミノキシジルタブレットは血圧異常を起こすなど、より重篤な副作用の可能性があります。

その点、チャップアップ育毛剤に配合されているM-034には、副作用が確認されておりません。そのうえ、ミノキシジルと同レベルで髪の毛の成長力をアップさせるというデータもあります。

M-034が触れ込み通りの効果を持っているならば、ミノキシジルと同レベルで髪の毛が成長し、薄毛対策になることが期待できるのです。

DHT生成抑制効果があるノコギリヤシ

一方、チャップアップサプリに配合されているノコギリヤシは、AGA(男性型脱毛症)の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えることを目的としている成分です。

似た効果を持つ医薬品としてはプロペシアやザガーロがありますが、いずれもED(勃起不全)などシャレにならない副作用を抱えており、AGA並みに深刻な悩みの原因となりかねません。

米生物工学情報センターのデータベースによると、ノコギリヤシのDHT抑制効果はプロペシアの半分程度なので、効果という点では劣っています。

ただ、同センターのデータベースには、ノコギリヤシを1日当たり960mg摂取しても副作用が起きなかったという臨床データも収録されているのです。

ノコギリヤシが効果を発揮してくれれば、AGAによる抜け毛を減らし、進行を抑えてくれることが期待できます。

こうした成分を見る限り、チャップアップブランドの育毛剤もサプリも、全く効果が期待できないという商品ではないことが分かりますよね。

チャップアップの効果が期待できない人は?

チャップアップは育毛剤にもサプリにも、AGA対策が見込める成分が配合されています。ただ、残念ながら効果が期待できないケースもあります。具体的には次の3つのケースです。

  • 使用期間が短い
  • 使い方が間違っている
  • 既に毛根が死滅している

使用期間が短い

そもそも医療機関が処方するAGA治療薬ですら、即効性はありません。ヘアサイクルを整えるためには時間がかかるためで、半年程度は見た方がいいとしています。

効果の高い医療機関用の医薬品ですらこうなのですから、効果が緩やかな育毛剤やサプリも同様に、効果が出るまでに時間がかかると考えられる商品だとみていいでしょう。

「効果がなかった」というネガティブな口コミをよく見ると、チャップアップの使用期間が1、2ヶ月しかないというケースが散見されます。これでは、効果を期待する方が間違いです。

チャップアップに限らず、育毛剤というのは効果が見えてくるまでに時間がかかります。その点について、十分に理解していなかったということでしょうか。

使い方が間違っている

たとえチャップアップを長期間使っていても、使い方が間違っていれば、十分な効果は期待できません。「ちゃんと使っている」と思っていても、いろいろな不備が考えられます。

例えば、チャップアップの説明書には、洗髪後に塗布するように書かれています。これを無視して洗髪しないで塗布すると、吸収率が落ちて効果がダウンする可能性があります。

説明書では、頭皮マッサージを行うことも推奨されています。これは、頭皮の血行促進による髪の毛の成長力アップが狙いで、やらなければ髪の毛の成長力が上がりにくくなります。

レビューを読んでいるだけでは、正しい使い方をしているかどうかまでわかりません。ネットの口コミのデメリットといえそうです。

既に毛根が死滅している

AGAの恐ろしいところは、放置しておくとどんどん薄毛が進行し、最終的には毛根が死滅して髪の毛が生えなくなってしまうことです。

何も植えていない畑に水と肥料を潤沢に与えても、何も生えてきませんよね。これと同じことで、チャップアップどころか、ミノキシジルやプロペシアですら効果は期待できなくなります。

AGA治療において、早期の対処が必要なのは、こうした事態を招かないようにするためです。毛根が死滅している場合、植毛にすべてを賭けるしかないのが現状です。

「チャップアップは効かない」という口コミがこういう人たちによるものならば、残念ながら真実です。ただ、チャップアップの側に問題があるというわけではありません。

チャップアップの効果はこう見極めよう

では、チャップアップの効果があるかどうかは、どのようにして見極めるのでしょうか。こればかりは、時間をかけて効果をチェックしていく以外に方法はありません。

まず、いくらなんでも1、2ヶ月では効果が実感できません。多少なりとも効果が実感できるのは、早くても使い始めてから3ヶ月たったころです。

遅い場合には半年しても、効果が見られない場合があります。そうしたケースでも、1年あればチャップアップの効果が実感できるケースが多いです。

もしその時期になっても、髪の毛の量に改善が見られないようならば、薄毛が既に「手遅れ」になっている可能性があります。植毛などを検討してみた方がいいかもしれません。

ちなみに、チャップアップには期間無制限の全額返金保証制度が用意されているのですが、こちらは1ヶ月分のみが対象です。頭皮に合わなかったときに、使用する制度のようです。

チャップアップが効くかは半年を目処にしよう

チャップアップそのものの成分を見る限り、効果は期待できます。もし、1年使っても効果がないようならば、使い方を見直してみましょう。

自分なら、半年で見切りはつけちゃいますけど^^;

半年後から効果があらわれるのは稀だし。

半年でも効果が出ないなら、毛根が死滅寸前の可能性が高いです。その場合は、ハゲ薬でなんとかなるか、AGAクリニックに相談してみましょう。

無料カウンセリングしているクリニックがほとんどですし、気軽に利用してみてもいいのでは?相談だけなら。