チャップアップ

【M字に勝つ!】チャップアップがM字ハゲに効果的と言われる理由はこれだ!

額の両端が後退していく「M字ハゲ」は、いかにも中年といった感じであまり格好良いものではありません。酷くなる前に、何とかして進行を食い止めたいと思っている人もいるでしょう。

人気の育毛剤・チャップアップはM字ハゲに効果を発揮してくれる可能性があるのでしょうか。M字ハゲの原因と、チャップアップの成分から検証してみました。

M字ハゲの原因はAGA!なぜM字になるの?

M字ハゲの場合、原因はほぼ確実にAGA(男性型脱毛症)だと判断していいでしょう。なぜAGAの人は、M字の薄毛になっていくのでしょうか。

DHTはどのようにして生成されるのか

AGAの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる物質です。DHTによって髪の寿命が短くなり、正常時より早く抜けてしまうことで薄毛が進行するのがAGAです。

このDHTですが、男性ホルモンが元になっています。本来はペニスを成長させたり、体毛を濃くしたりするなど、男性らしい体作りには欠かせない物質です。

男性ホルモンからDHTを生成するためには、5α-リダクターゼという酵素の働きが必要です。裏返せば、5α-リダクターゼの働きを抑えればDHTは生成されず、AGAの進行が食い止められるのです。

AGAクリニックをはじめとする医療機関で処方されているプロペシアは、この5α-リダクターゼを抑える薬です。DHTの生成を抑えれば、AGAの進行を防げるというわけですね。

DHTは生成される場所が偏っている

頭部で生成されたDHTがAGAの原因となっていますが、問題は5α-リダクターゼが均等に分布しているわけではないということです。

実は頭部の5α-リダクターゼは、前頭部と頭頂部に集中しています。逆に、側頭部や後頭部には、ほとんど存在していません。

AGAによる薄毛がM字ハゲかつむじハゲのどちらかになるのは、このためです。DHTが多く生成される部分から、薄毛になっていくというわけです。

逆に5α-リダクターゼがほとんど生成されない側頭部や後頭部は、AGAがかなり進行しても髪の毛がしぶとく残り続けるのです。

AGA以外の要因がM字ハゲを進行させる

ただ、薄毛の原因はAGAだけではありません。AGAにさまざまな要因が加わることによって、薄毛が進行していくのです。

洗髪が不足していたり、過剰だったりして頭皮の状態が悪くなっていると、炎症を起こして髪の毛が抜けてしまうケースがあります。

頭皮の血行が悪化していると、薄毛が進行しやすくなります。これは、髪を成長させるための栄養が、十分に毛根へ届かなくなってしまうからです。

血行悪化の原因としては、生活習慣病やタバコなどが考えられます。また、ストレスも交感神経を活発化させ、血行悪化を招いてしまう要因となります。

また、偏食などでタンパク質や亜鉛、ビタミンB群といった髪の毛の成長に必要な栄養が不足していると、薄毛を進行させる可能性があります。

育毛剤に多くの成分が配合されているのは、こうした多様な原因に対応するためです。成分数が多ければ、より多くの原因に対応できる可能性があるというわけですね。

AGA対策が見込めるチャップアップの成分

チャップアップにはDHT対策成分が配合されているため、AGA対策=M字ハゲ対策に期待が持てる商品となっています。

また、配合成分が70種類と育毛剤の中ではトップクラスであるため、多くの原因への対処が見込めることもM字ハゲ向きと言っていいでしょう。

チャップアップのDHT対策成分はこれだ!

チャップアップの配合成分のうち、オウゴンエキスはDHTの生成を抑える働きがあるとされています。また、ビワ葉エキスはDHTが生成する脱毛因子を抑えることが期待できます。

ヒオウギエキスの主成分はイソフラボンで、女性ホルモンに似た働きを持っています。これによって髪の毛の成長力をアップさせ、DHTの働きを抑えることが見込めます。

いずれ成分も、プロペシアほどの効果はないかもしれません。ただ、すべて自然由来のもので、副作用のリスクが小さいという大きなメリットがあります。

これらの成分が有効に作用すれば、AGAの進行が抑えられ、M字ハゲ対策につながる可能性があるというわけですね。

他にも多種多様な成分が配合されている

これ以外にも、チャップアップにはさまざまな成分が配合されています。まず、甘草からの抽出物であるグリチルリチン酸ジカリウムなど、頭皮の状態を整える成分が配合されています。

上でも書きましたが、頭皮の状態悪化は薄毛の悪化につながります。グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用があり、脱毛症の原因となる炎症の防止が期待できます。

センブリエキスのような、血行促進成分も配合されています。頭皮の血行が良くなれば、毛根に十分な栄養が行き渡り、髪の毛の成長力のアップが見込めるのです。

また、チャップアップには15種類のアミノ酸が配合されています。髪の毛はタンパク質からできており、アミノ酸はこのタンパク質を生成するための原料となってくれるのです。

このように多様な成分が配合されているため、チャップアップはM字ハゲのさまざまな原因に対応できる可能性があるのです。M字ハゲ向きというのは、このためです。

育毛剤を補完するチャップアップサプリ

M字ハゲがある程度進んでくると、育毛剤だけでは十分な効果が得られないということもあるでしょう。そんなときに役立ちそうなのが、チャップアップサプリとの併用です。

サプリに配合されているノコギリヤシは、AGA対策に役立つ可能性があります。海外の臨床試験で、5α-リダクターゼの働きを抑える効果があることが分かっているためです。

効果は上で説明したプロペシアの方が上です。ただ、プロペシアにはED(勃起不全)や精子減少といった副作用があるのに対し、ノコギリヤシには副作用がないという大きなメリットがあります。

これに加えて、チャップアップサプリには髪の毛の成長に必要な亜鉛やアミノ酸も配合されているので、髪の成長力アップに役立つ可能性があります。

惜しむらくは、チャップアップサプリには、これらの成分の配合量を公表していないという問題点があります。ここが解決すればさらに良い商品になるのでしょうが、リニューアル後も改善されていません。

リアップよりM字ハゲ対策に向いている?

では、AGA治療を目的とした医薬品であるリアップX5と比較すると、どちらがM字ハゲ対策に向いているのでしょうか。

リアップの有効成分であるミノキシジルは、医療機関でも処方されていることから分かるように、髪の毛を生やすだけならばチャップアップの効果を上回ります。

ただ、AGA対策という点で見ると、リアップにはチャップアップに劣っている点があります。DHT対策の成分が全く配合されていないことです。

実際、AGA治療では、ミノキシジル外用薬が単独で処方されることはありません。必ずDHT生成阻害剤であるプロペシアと一緒に処方されます。

これに対して、チャップアップは上で説明しているように、DHT対策成分が配合されています。単独でという条件ならば、チャップアップの方が期待できる内容になっているのです。

しかも、リアップは頭皮にかぶれや湿疹などの副作用が、ほぼ1割の確率で出る強い薬です。これに対してチャップアップは、そうした副作用が出る可能性は低い医薬部外品です。

結論-M字対策はまずチャップアップ

もしあなたがM字ハゲに悩んでいるのなら、まずチャップアップから始めてみてはいかがでしょうか。効果がもうひとつなら、サプリを併用するという手もあります。

ある程度の年齢の人はともかく、若い人は医療機関での治療が必要なほどM字ハゲが進行しているケースは少ないです。副作用が少ないチャップアップ、おすすめですよ。